よくテレビで、祖父が骨董品収集を趣味としていて、色々なコレクションがある中、この絵画をもらって鑑定を依頼して、それが何百万円もするものと思っていたのに、鑑定をしてもらうと、全く価値が無いものであったり、その逆もあったりますよね。骨董品の場合は、本当に著名な人が制作したりするものだとものすごい勝ちになると思いますが、一般的にはそれをもらった方は、骨董品等に興味が無いと本当に価値が有るのかどうかわかりませんよね。

でも、実際に故人から相続した骨董品が実はものすごく価値の高いものであったりした場合に、相続税とか鑑定とかどうして良いのかよくわからないと思います。そこで、実際に骨董品を相続した場合に相続税はどうなるのかということを考えていこうと思います。

基本的には骨董品を相続しても相続税は払う必要はない

まず、骨董品と言うのは、鑑定などをしたりして時間がかかりますけれども、基本的には換金性のあるものになりますので、骨董品を相続した場合には、現金や不動産と同様、相続財産になります。つまり、骨董品が相続財産である以上、相続税の対象になるということです。しかしながら、相続税には「3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)」によって導き出される「基礎控除額」が設けられています。したがって、相続財産が3600万円を最低でも超えないかぎり、相続税を支払う必要はありません。ですから、相続の場合は、そういった骨董品の価値や評価額を気にするというよりも、相続をする財産が実際にどのくらいあるのかということを把握したほうが良いということが出来ます。したがって、骨董品の価値が数百万円であっても、相続の基礎控除が3600万円いかになりますので、そういう場合は実際に売却などをして、それを相続人の人数で按分して分配をするということにしたほうが、様々な摩擦も生じないでしょう。

ただし、高価な骨董品は当然相続の対象になります

ただし、骨董品などがものすごく高価なものである場合もありますよね。その場合は、骨董品を含めた相続財産から基礎控除を差し引いた金額が、課税対象額になりますので、法令に基づいて納税をしてください。ここで注意をしておいていただきたいのは、ものすごく価値の高い骨董品を保有しているという情報は、税務署は必ず把握しています。価値を低く見積もって、申告をした場合には税務調査が入り、悪質だと思われた場合には追徴課税をされる場合がありますので、申告は正直に行いましょう。

しかしながら、その骨董品を国や地方公共団体等が運営する美術館などに寄付をした場合には、寄付する骨董品は相続財産に含まれないという特例がありますので、こちらも状況によっては検討しても良いかもしれません。